index:タバコは子への虐待行為(禁煙指導用スライド)

静岡県立こども病院内分泌代謝科

加治 正行

タバコは喫煙者本人だけでなく、周囲で煙を吸わされる人たちにも大きな害があります。特に育ち盛りの子供や胎児は、タバコの煙によって大変な健康被害を受けるということがわかってきました。

妊婦が喫煙すると、ニコチンの作用で臍帯や胎児の血管が収縮して血流量が減少し、胎児への酸素や栄養の供給が低下します。また高濃度の一酸化炭素が胎児血中に移行して、胎児を更に酸欠状態におとしいれます。まさに胎児の首を絞めて窒息させるに等しい虐待行為なのです。そのため自然流産や早産、周産期死亡のリスクが高くなりますし、胎児の発育が障害されて出生時の身長や体重が減少することはよく知られています。

妊娠中の喫煙や受動喫煙は胎児期の成長発育を悪化させるだけではなく、生まれてからも子供に様々な障害を残します。喫煙妊婦から生まれた子は、睡眠時無呼吸を起こす率が高く、乳幼児突然死症候群(SIDS)による死亡率が高くなることはよく知られています。その他にも、脳室内出血、斜視、呼吸器疾患などを発症する率が高いというデータが出ています。

また、たとえこのような病気にかかることなく成長したとしても、喫煙妊婦から生まれた子供は身長の伸びが悪く、知能指数も低くなると報告されています。その上、キレやすい子供、抑制のきかない人間になりやすく、将来暴力犯罪を犯したり常習犯罪者になる率が高いというデータも出ています。これは胎児期の脳が、ニコチンをはじめ様々な化学物質にさらされて何らかの障害を受けるためと考えられています。

妊婦さん自身は吸わなくても、家庭や職場で受動喫煙にさらされていると、胎児に同様の障害が起きるというデータも次々に出ています。

このように妊婦の喫煙や受動喫煙は、生まれてくる子供の一生に暗い影を落とし、場合によってはその子の一生を台無しにするのです。産婦人科医の中には、妊婦から禁煙の相談を受けた際に、「無理に禁煙すると、ストレスがたまってかえって良くないから、軽いタバコに替えて吸ってなさい」とか「本数を減らすくらいでいいよ」などと指導する例があると聞いて耳を疑いましたが、胎児の苦痛や子供の将来には思い及ばないのでしょうか。

妊娠中の精神的ストレスは、児の出生体重にはほとんど影響しない、ということが英国での大規模な調査によって明らかになっています。胎児にとっては妊婦のストレスよりも1本のタバコの方がよほど苦しいのです。

胎児の発育や生まれてからの将来のことを考えれば、どんなに苦しくても禁煙することが親になる者としての当然の義務であり、もちろん父親も妊婦のそばでは絶対に吸うべきではありません。

子供が生まれた後も同様です。子供がタバコの煙にさらされると、SIDSや気管支喘息をはじめとする呼吸器疾患、中耳炎などにかかりやすくなったり、身体や知能の発達が悪くなることが知られています。

未来を担う子供たちが、タバコによる健康被害を受けることなく、健やかに育って行ける環境を作ることこそ、すべての大人の責任だと思います。

ここに、胎児や子供がタバコによってどのような健康被害を受けるのか、これまでの研究データに基づいたグラフを作ってみました。

胎児や子供をタバコの害から守るための指導や研究に、少しでもお役に立てば望外の幸せです。

禁煙指導用スライド(PowerPoint版 191KB)

禁煙指導用スライド HTML版
1妊婦の喫煙・受動喫煙と出生時体重
2妊婦の喫煙・受動喫煙と出生時身長
3妊婦の喫煙時期と出生時体重
4妊婦の喫煙と子供の身長
5妊婦の喫煙と子供の知能
6妊婦の喫煙と子どもの精神病理学的障害
7妊婦の喫煙と男児の成長後の暴力犯罪率
8妊婦の喫煙と女児の将来の妊娠
9妊娠中にタバコを吸うと…
10小児の受動喫煙と血中鉛濃度
11受動喫煙による小学生の身長低下
12乳児の受動喫煙によるSIDSの増加
13子供の受動喫煙による中耳炎の増加
14子供の前でタバコを吸うと…
15英国医師の喫煙量別生存率
16タバコは老化を早めます
17タバコは老化促進剤
18タバコの経済分析
19タバコを吸わないメリット

○Internet Explorerから見やすいフレーム対応HTML版は
こちらの禁煙医師連盟のホームページにあります



NEXT 妊婦の喫煙・受動喫煙と出生時体重 

利用条件:禁煙指導や研究目的での利用に限り無断使用可

著作権:
〒420-8660 静岡市漆山860
静岡県立こども病院内分泌代謝科
加治 正行
TEL 054-247-6251
FAX 054-247-6259
makaji@jun.ncvc.go.jp